タイトル
全国各地のラジオ局や個人的につながりのある
シンセキたちへ賛同をお願いしました。
ただいま、賛同してくださるラジオ局や
多業種のシンセキたちが続々と増えています。
感謝!感謝!感動!感動!ありがとう!
リスナーさん、シンセキのみなさん、ラジオを送ってください。
よろしくお願いします。
メッセージ 詳細 被災地リポート(1) 被災地リポート(2)
東北・関東大震災「ラジオバトン・プロジェクト」の現状報告
3月21日より3日間、僕の仲間のシンセキ村の主であり、
僕がよく「間違いなくネイティブアメリカンだ!」と言っている青森県出身で、
大学時代に仙台に暮らしていた、
とっても僕がお世話になっている
プロダクション社長の“太田さん”と、
僕が「天才デザイナーであり、最高にプロ意識の高いプレデターな落武者!」
と呼んでいる、髪が長い自称イタリア人の“イルベント”こと“ナカジマクン”と3人で被災地にやっと入れました。
今回のチームとしてのミッションは3つ。
@このプロジェクトの目的に沿って、
集まったラジオをどのように被災地に届けるのが、
一番確実な方法なのか?
そのルートと届け先を決める。  
そのために、行政に丸投げするのではなく、
被災現場できめの細かい活動をしている
ボランティア団体のリーダーと直接会って、
現状を把握し、どこから優先的にかつ確実に配ることができるかを検討する。
Aラジオや他の物資と共に、西日本やその他の地域からのエールを届ける。
B日々変わってくる現地のあらゆるリアルな情報をできるだけ集めて、
それらをこのプロジェクトの賛同者の皆さんなど、
「We areシンセキ!」 のみなさんにフィードバックしていく。
そして、太田さんのミッションである
「仙台に住む妹さん夫婦の無事を確認すること」
「同級生の安否確認」
「仙台の仲間の状況把握と情報収集」
なども合わせて行いました。
被災現場に入っての感想を一言で言うと、
しゃべる仕事をしているにもかかわらず「言葉が見つからない…」でした。
自分の目に飛び込んでくる情報をまるで理解できない、
目と脳と心をつなぐ何かがバラバラになってつながっていない感覚で、
まさに、あの「9・11」 の光景をテレビで初めて観ている時の、
いわゆる“思考停止状態”に陥りました。
そんな茫然とした中で、
僕らはその目に映る世界がどういう意味を持ち、
どういうメッセージを届けているのか?を理解しようと
必死で話し合いました。
太田さんはあの阪神淡路大震災の時も現地入りして、
ボランティア活動を続けた経験があり、
ある時、脳と心がまるでかい離し、
本人は泣く気はないのに、意味がわからず号泣してしまったという
経験をしています。
その気持ちがその時、理解できそうでした。
それだけ見たことのない悲しく重たい光景でした。
どうか“We are シンセキ!”のあなた! 
今こそ、人間の最大のパワーの一つ「想像力」をフル回転させて、
今起きている災害や被災されている方々から、
どれほどいろんなメッセージが出ているのか? を
しっかり一緒に考えていきませんか?
そのための具体的な情報であり、
ヒントにもなるであろう僕たちの報告に、
どうか心を繋げてくださいね!
合言葉は!We are シンセキ!

山本シュウ
今回の震災では津波により広範囲に被害を受けたことから、
家、家財道具、一切を失った多くの被災者が
長期にわたり避難所生活を送ることが予想されます。
避難所内の環境の改善、細かい情報の伝達、
メンタルケアが最優先と思われます。
沿岸部の被害が甚大にあることに加え、
市の職員も被災者であることから、
行政の対応は被災者のニーズに追いついていません。
行政が細分化した被災者のニーズのすべてに対応することは不可能です。
下記は現地の声です。

・石巻は震災の影響で交通事情が悪く、ガソリンが手に入りにくいこともあり、
 ボランティアの人数が圧倒的に少ない。
・行政の方々も被災者のため、すべての対応が遅れている。
・市内各所に点在する学校などの避難所や自宅で避難生活をしている。
 小規模避難所の情報収集を行いたいが、ガソリンがないのでなかなか進まない。
・支援物資は行政の手を離れ自衛隊がストックしているが、
 細かい情報に対応しきれていない。対応が遅れている。
・犯罪が多発してきている(支援物資の盗難、倒壊家屋からの盗難など)。
・学校規模の避難所でさえキャパシティオーバーしてきている。
・プライバシーの問題や先行き不安などによって、
 被災者の精神状態が悪化してきている。
・学校が機能していないので子どもたちが何もすることがない。
 子どもたちのストレスも高まってきている。
 →アニメの上映会、ラジオでのアニメソングのオン・エアーなども
 考える必要がある。
・地域格差が広がってきている。
・デマ情報が出始めている。
・報道された避難所には物資が大量に送られるが、隣の避難所では物資不足。
・地元のコミュニティーFMは、ボランティアのパーソナリティーやスタッフも
 手伝いながら懸命に頑張り放送を続けているが、
 今回のような経験は初めてで、放送内容に関して迷いが生じることがあり、
 台本などをしっかり書ける人材もいない。
 →FM仙台、RADIO3ほか地元のメディアとの連携が必要。
・時間の経過とともに衛生面の悪化が始まっている。
・入り口にバリケードを築き、在宅避難者の新たな受け容れを拒否し始めるなど、
 一部の避難所には、悪い方向に向かい始めているところもある。

◆参加方法
<方法>
「シンセキ村」(栃木県)に、直接送ってください。
〒327−0846 栃木県 佐野市 若松町138 
トリニティー内 シンセキ村
電話028−322−7832


<被災地への送付方法>
集まった数により検討します。

<内容>
(1)ラジオ+新しい電池+イヤホン(できれば)
(2)ライト+新しい電池
※どちらも小型で電源は電池などを使用する物のみで、
使用可能かどうかを必ず確認してください。
・壊れないよう梱包してください。
・輸送にかかる経費は申し訳ないのですがご負担をお願いします。
 着払いなどには対応できかねますことをご了承ください。


◆お問い合わせ先
「シンセキ村」にはご連絡しないでください。
山本シュウ.comあてにメールでお願いします。
shinseki@yamamotoshoo.com (@を@に変更してお送りください)


◆アイディア募集
効率的な募集や節約方法などアイディアをお知らせください。
「山本シュウ.com」
メール shinseki@yamamotoshoo.com
(@を@に変更してお送りください)
ページトップ  
Copyright (C) Shoo YAMAMOTO 2011 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.