タイトル
yamamotoshoo.com プロフィール メッセージ スケジュール これまでの仕事
インターネットラジオ  
  2003年より1年間、yamamotoshoo.comのwebサイトで発信されたインターネットラジオ。
山本シュウに共感し、ボランティアでサポートする、pow wow powerが制作。
 
  パウワウパワーとは?  
  Windows Media Playerでご覧いただけます。
最新のWindows Media Playerを ダウンロードしてお楽しみください。

※Windows Media PlayerにはMacintosh版もございます。
Windows Media Player  

1 ごあいさつ (1回目〜) 2 POW WOW POWERについて
  300K | 50K   300K | 50K  

3 PUNK TRANCE ACOUSTIC (PTA) 2003 4 夏の思い出(1)
  300K | 50K   300K | 50K  

5 TIMEMACHINE TV (野外) 6 夏の思い出(2)
  300K | 50K   300K | 50K  

7 出航 8 911-Love@amp;Hate-
  300K | 50K   300K | 50K  

9 出会い 出産体験記。 10 初ゲスト!松本哲也さん
  300K | 50K   300K | 50K  

11 Debut 12 自殺 -君は一人じゃない-
  300K | 50K   300K | 50K  

13 読書の秋 2003 14 レモンさんトークライブ 2003
  300K | 50K   300K | 50K  

15 秋のNY 16 哀玩動物
  300K | 50K   300K | 50K  

17 年末大売出し 2003 18 エイズ大国 2003現在
  300K | 50K   300K | 50K  

19 トークライブのお誘い 2003 20 携帯電話(1)
  300K | 50K   300K | 50K  

21 携帯電話(2)  
  300K | 50K      
pow wow powerとは  
  「POW WOW」はネイティヴアメリカンの言葉で、「集まり」「集会」「祭り」 などの意味を持つ。
山本シュウがアメリカ留学の際にルート66を旅し、そこで出会ったネイティヴアメリカンから学んだ言葉。

すべてのパワーが集まった会〜つまり「集会の力」=「シュウ会の力」という想いを込めて、ネーミングされた。

POW WOW POWERという名前のトークライヴは、ラジオDJ・山本シュウが、1998年以来続けてきたライフワーク。
スタジオを飛び出すことで、リスナーの心へダイレクトに響き、それに呼応するようにトークが展開されていく。

それは、1つの事件から始まった。

1998年、山本シュウはあるラジオ番組を辞めた。
番組の最終日。
放送終了から数時間後、このトークライヴは始まった。

きっかけはあるプロデューサーのひと言だった。
そんなに好きなことしゃべりたいなら、お金を払ってくれる人の前で、 トークライヴでもやればいいんじゃないの?
ただし、そんな客がいるならね・・・

23時30分を過ぎたころ、このトークライヴは産声を上げた。

第1回目は全員立ち見の満員御礼。
山本シュウは電波を心のバイブレーションに替え、思いのたけを語った。

以来、トークライヴPOW WOW POWERは続けられている。
スタッフはすべてボランティア。
出演者もノーギャラ。
表現者である山本シュウを通じて、みんなの叫びがこのトークライヴで語られている。

観客はラジオのリスナーだけではない。
友達から評判を聞き、リピーターとなっていった人は多数。
口コミだけで広がっていった奇跡のライヴ。

「生きていくことってなんだ?」
「みんな寂しいんだ」
「みんな仲間なんだ」

トークには、政治・教育・環境などのまじめなネタ、恋愛・セックスなど、
人が生きていく上で出会うあらゆる様々なジャンルが含まれている。
山本シュウの軽快なトークにより、テンポ良く、面白おかしく伝えられ、
聞く者の心にスッと入ってくる不思議な力が会場を満たす。

オーディエンスは共に笑い、憤り、そして涙する者も。
このトークライヴに立ち会った人は、口々に「また元気をもらえた」と言いながら家路につく。

だからこそみんなここへ帰って来る。
パワーを貰いに…

ここは奇跡の現場だ。

(POW WOW POWERの原稿をベースに、一部編集しました。)
 
ページトップ  
Copyright (C) Shoo YAMAMOTO 2010 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.